初期費用を抑えた新生活|楽しみ方や快適さも無限|マンスリーマンションでお得に利用

楽しみ方や快適さも無限|マンスリーマンションでお得に利用

マンション

初期費用を抑えた新生活

つみき

空き部屋をなくすために

は新生活の初期費用を抑えたい人が増え、その需要に応える形として敷金、礼金なしの物件が増えています。敷金、礼金なしの物件は貸主にとってはメリットが少なく、なぜなのか疑問に思う人も少なくありません。その理由は時期、退去時に費用が掛かる等が挙げられます。時期の理由としては、引越しシーズン後に空部屋がある場合なかなか借り手が決まらず、貸主は安くても入居してもらおうとします。入居しやすい環境を作るため、敷金、礼金なしにして入居者が早く決まるようにしています。また、敷金は退去時の原状回復費用や家賃滞納の時に保証するお金であり、敷金をなくすことで入居しやすいが退去時には費用が掛かる可能性があります。ただし、きれいに使用することでクリーニング代等の少額のみに抑えられるので、敷金なしのメリットは大きいです。

短期入居に向いている物件

敷金、礼金なしの物件では「家賃が相場より高い」「短期退去で違約金が発生する」「他の費用が掛かる」など、注意が必要な物件も少なからず存在します。貸主は初期費用分をどこかで補填しようとするため、家賃を多少上げている場合があります。しかし、相場を調べておくことで値下げ交渉が行え、相場相当の家賃になることもあります。ただ、家賃が少し高くても1〜2年の入居の場合はトータルで安く済むため、短期の入居にはおススメです。また、短期入居の違約金に関しても長く住む場合は問題なく、実際に違約金が掛かったとしても礼金を払うより安くなるので、メリットの方が大きくなります。クリーニング代等が先に掛かり、初期費用として必要になる場合があります。基本的には退去時に掛かるものなので先か後かの問題ですが、今現在の経済面も考えて契約書にしっかりと目を通すことが大切です。敷金、礼金なしの物件は条件が良い場所も数多くあり、初期費用も抑えられます。契約書を確認することでトラブルはなく、快適な生活を送ることのできるおススメの物件と言えるでしょう。